建物を低コストで涼しく出来る!壁面緑化の上手な活用法

壁面緑化のメリットと植物の育成管理

壁面緑化は建物の壁に植物を這わせて、建物全体を覆う状態にする行為を指します。植物が断熱材の役目を果たし、建物が外気温の影響を受けにくくなるのが大きな特徴です。一年を通して急激な温度変化が生じにくいことから、低コストな暑気除けとして広く普及しています。また、植物の緑は景観の改善に繋がることから見栄えを良くする目的で壁面緑化を行うケースもあります。

壁面緑化を行う際は成長が早く、蔦が多く別れやすい品種の植物を選ぶのが賢明です。短期間で壁全体を覆う程に成長するので、気温が上昇する夏季に室温を安定させることが出来ます。また、葉を多く茂らせる品種も断熱効果が高い利点がありますが、品種によっては害虫や病気に弱いことがあるのでこまめに状態を確認することを心がけます。水や肥料の与え方にも気を配り、適度に剪定を行うのも植物を長持ちさせるための工夫です。

壁面緑化を長く続けるための工夫

壁面緑化は建物の壁を這わせる植物の性質で効果の良し悪しが大きく左右されます。特に葉を多く茂らせる品種は断熱効果が高い利点がありますが、枯れ葉の除去や伸びすぎた蔦の剪定など美観を保つための雑務をこなす必要があるので注意します。また、冬季に降雪がある地域では寒さに強い品種を選ぶのが壁面緑化を長く続ける条件になります。建物の壁に植物の蔦を這わせると、品種によっては建材を損傷させることもあるので、必ず専門業者に作業を依頼することが大切です。

壁面緑化は快適な居住性を保つことが出来るのが最大のメリットなので、建物を傷めず管理もしやすい方法で行うことを心がけます。

壁面緑化とは建物の壁を植物で覆うことです。建物の表面温度が下がるため、省エネの効果を得ることができます。