お洒落!省エネ!地球環境にも優しい屋上緑化!

屋上緑化について知っておこう。

屋上緑化とは、「構造物の屋上部分に植物を植えて緑化すること」を指します。ビルやマンションが建ち並ぶ都心部などでは緑化できる土地が余っていません。そこで注目されたのが、構造物の屋上部分です。屋上なら陽当たりも良く、植物が成長するのに最適な環境なので屋上緑化を推進する自治体も多いですね。

屋上緑化にはメリットがたくさん!

屋上緑化のメリットの一つが、「省エネ効果」です。まず、植物の蒸散作用によって建物周囲の気温が下げられます。さらに、植物と土層が太陽光を遮ってくれる「構造物の外断熱材」としての働きもあります。これらの効果によって構造物の温度上昇を抑えることができ、エアコン効率の向上、省エネへとつながります。また、「周囲の温度を下げる」という働きは地球温暖化対策にも効果的ですね。その他、紫外線をカットできるので構造物にかかるダメージを軽減してくれる働きもあります。

ビルやマンション、一般住宅にも!

屋上緑化はビルやマンションなどに施工されるのが一般的ですが、戸建て住宅にも施工されることが増えてきています。「自宅に屋上庭園がある」なんて夢のようですよね。屋上なら近隣住人の目も気にせずゆっくりのんびりできます。

屋上緑化で注意すること。

お洒落で地球環境にも優しい屋上緑化ですが、施工するには注意点がいくつかあります。まず、構造物にかかる荷重についてです。植物・土・水の重さを考えるとかなりのものになります。既存構造物の多くは屋上に荷重がかかることを想定していないので、施工前に構造計算などをしてもらいましょう。また、屋上は風を遮るものがないので強風が吹くことも考えられます。風で植物が飛ばされないよう工夫することも必要です。芝など背の低い植物なら安心ですね。

屋上緑化とは、建物の屋上を植物などで緑化することをいいます。断熱効果などが高まり、さらにヒートアイランド対策にも効果的です。