犬の服はデザインよりも生地で選ぶほうが賢明!

犬に服を着せるメリットとは!?

本来、犬には全身に被毛がありますので、人間のように服は絶対に必要なものではありません。

そうはいっても、犬に服を着せるメリットはたくさんあります。

雨の日のお散歩では、レインコートを着せることによって体が濡れるのを予防できます。これは皮膚の弱い犬種にとっては湿疹などの予防策になります。また、抜け毛の多い犬種や、抜け毛が増える季節は家の中で服を着せることで、抜け毛が落ちるのを予防できます。

さらに、老犬や寒さに弱い犬種は服を着せることで防寒対策にもなります。

このようなメリットを知ったうえで、服を着せるか否かは飼い主さんの判断次第です。

愛犬の3サイズを測ろう!

最近はペットショップだけでなく、大型スーパーでも犬の服を扱っている店が増えました。

また、ネットでもかわいい手作り服を買えることもあります。サイズがよくわからないけれどつい買ってしまい、着せてみたら小さすぎた、あるいは大きすぎて失敗。こんな苦い経験をした人もいるのではないでしょうか。

そこで、愛犬の服を選ぶときのポイントをご紹介しましょう。

まずは愛犬のサイズをきちんと把握することが大事です。同じ犬種でも個体によって大きさや太さはさまざまです。犬の首周りと胴回り、背丈を測り、できれば体重も知っておきましょう。

首周りは首輪の位置より少し下をメジャーで測ります。胴回りは前足の後ろ側から測ってください。首回りも胴回りも締め付けず、少しゆとりがあるくらいがベストです。背丈は首周りからしっぽまでを測ります。

また、デザインよりも生地を重視したほうが、犬にとっては快適です。動きやすいように伸縮性のある生地を選ぶといいでしょう。

冬は防寒対策のために厚手の生地がおすすめです。

犬の服はデザイン性をはじめ機能性、実用性に優れているものが多く、さらに四季にも応じた商品が人気となっています。

建物を低コストで涼しく出来る!壁面緑化の上手な活用法

壁面緑化のメリットと植物の育成管理

壁面緑化は建物の壁に植物を這わせて、建物全体を覆う状態にする行為を指します。植物が断熱材の役目を果たし、建物が外気温の影響を受けにくくなるのが大きな特徴です。一年を通して急激な温度変化が生じにくいことから、低コストな暑気除けとして広く普及しています。また、植物の緑は景観の改善に繋がることから見栄えを良くする目的で壁面緑化を行うケースもあります。

壁面緑化を行う際は成長が早く、蔦が多く別れやすい品種の植物を選ぶのが賢明です。短期間で壁全体を覆う程に成長するので、気温が上昇する夏季に室温を安定させることが出来ます。また、葉を多く茂らせる品種も断熱効果が高い利点がありますが、品種によっては害虫や病気に弱いことがあるのでこまめに状態を確認することを心がけます。水や肥料の与え方にも気を配り、適度に剪定を行うのも植物を長持ちさせるための工夫です。

壁面緑化を長く続けるための工夫

壁面緑化は建物の壁を這わせる植物の性質で効果の良し悪しが大きく左右されます。特に葉を多く茂らせる品種は断熱効果が高い利点がありますが、枯れ葉の除去や伸びすぎた蔦の剪定など美観を保つための雑務をこなす必要があるので注意します。また、冬季に降雪がある地域では寒さに強い品種を選ぶのが壁面緑化を長く続ける条件になります。建物の壁に植物の蔦を這わせると、品種によっては建材を損傷させることもあるので、必ず専門業者に作業を依頼することが大切です。

壁面緑化は快適な居住性を保つことが出来るのが最大のメリットなので、建物を傷めず管理もしやすい方法で行うことを心がけます。

壁面緑化とは建物の壁を植物で覆うことです。建物の表面温度が下がるため、省エネの効果を得ることができます。

お洒落!省エネ!地球環境にも優しい屋上緑化!

屋上緑化について知っておこう。

屋上緑化とは、「構造物の屋上部分に植物を植えて緑化すること」を指します。ビルやマンションが建ち並ぶ都心部などでは緑化できる土地が余っていません。そこで注目されたのが、構造物の屋上部分です。屋上なら陽当たりも良く、植物が成長するのに最適な環境なので屋上緑化を推進する自治体も多いですね。

屋上緑化にはメリットがたくさん!

屋上緑化のメリットの一つが、「省エネ効果」です。まず、植物の蒸散作用によって建物周囲の気温が下げられます。さらに、植物と土層が太陽光を遮ってくれる「構造物の外断熱材」としての働きもあります。これらの効果によって構造物の温度上昇を抑えることができ、エアコン効率の向上、省エネへとつながります。また、「周囲の温度を下げる」という働きは地球温暖化対策にも効果的ですね。その他、紫外線をカットできるので構造物にかかるダメージを軽減してくれる働きもあります。

ビルやマンション、一般住宅にも!

屋上緑化はビルやマンションなどに施工されるのが一般的ですが、戸建て住宅にも施工されることが増えてきています。「自宅に屋上庭園がある」なんて夢のようですよね。屋上なら近隣住人の目も気にせずゆっくりのんびりできます。

屋上緑化で注意すること。

お洒落で地球環境にも優しい屋上緑化ですが、施工するには注意点がいくつかあります。まず、構造物にかかる荷重についてです。植物・土・水の重さを考えるとかなりのものになります。既存構造物の多くは屋上に荷重がかかることを想定していないので、施工前に構造計算などをしてもらいましょう。また、屋上は風を遮るものがないので強風が吹くことも考えられます。風で植物が飛ばされないよう工夫することも必要です。芝など背の低い植物なら安心ですね。

屋上緑化とは、建物の屋上を植物などで緑化することをいいます。断熱効果などが高まり、さらにヒートアイランド対策にも効果的です。

意外と知らない?機械式時計のお手入れ方法とは

そもそも機械式時計とは?

最近ではデジタル時計やスマートウォッチ等が使われることが多くなりましたが、中にはこれから機械式腕時計を使おうとお考えの方もいるのではないでしょうか。ですが、機械式の時計は使い方によっては時間が狂ったり時計の寿命が短くなったりしてしまいます。この記事では、機械式時計の特徴、そして上手に使うコツについてご紹介します。

まず、機械式時計とはぜんまいの動力を使って動く時計のことです。巻いたゼンマイが元に戻る力を利用して、てんぷと呼ばれる時計内部の部品を往復回転運動させており、これによって機械式時計は規則正しく時を刻むことができるのです。この時計の欠点として、他の時計に比べて正確性に欠けていたり、衝撃によって時計が狂いやすかったりといった点が挙げられます。

大切なのは巻くタイミング!

それでは、機械式時計を正確に保つコツについて紹介します。

大切なことは、一日に一回、決まった時間にぜんまいを巻くということです。一日に二回以上巻いてしまうと、ぜんまいに負担がかかり、時計の寿命が短くなってしまいます。そのため、ぜんまいは一日に一回、しっかりと巻き切るようにしましょう。また、決まった時間に巻くことで、時刻のずれを抑えることができます。例えば出勤で家を出るときに巻くようにするなど、生活のリズムに時計の巻き上げを組み込むのがおすすめです。

ただ、長く使っているとやはり誤差が出てきてしまいます。そのため、2年から3年に一度は時計を分解して、部品の交換や洗浄、油を差すなどのメンテナンスを行うことが必要です。ただし、むやみに時計を分解すると元に戻せなくなる危険があるので、時計屋や専門業者などにメンテナンスを依頼するのが良いでしょう。

ブシュロンとは、西暦1858年にフランス人のフレデリックによってパリで創業された宝飾品のハイブランドのことです。

ブランドと精巧さが重要!機械式時計をファッション活用するコツ

ファッションとしての機械式時計

機械式時計はファッションとしての価値が高いのが魅力であり、ただ身に着けているだけで目を見張るような美しさを感じ取ることができます。概して高級時計が多いのは機械式時計の特徴ですが、必ずしも時計に関して詳しくない人が機械式時計を見て感銘を受けるわけではありません。シンプルさを追求している機械式時計もあり、素人が見ても機会式だとわからないことも多いのです。ファッションとしてシンプルなものを選ぶのも良い方法ですが、機械式時計としての価値をアピールできるようにするにはブランドと精巧さを重視することが肝心です。誰もが名前を聞いたことのあるブランドのものを選ぶと話題になったときに圧倒することができます。一方、精巧な作りになっている機械式時計であれば誰が見ても購入時計だとわかって感銘を受けてくれるのです。

精巧さを求めて選ぶ機械式時計

ファッションとして機械式時計を考えるときに、精巧さを求めると選び方が難しくなります。細かなところまで作り込まれている職人技の機械式時計は多数ありますが、意外に他のファッションとの組み合わせに苦労するものも多いのです。スーツであれば会うものの、少しカジュアルなファッションに身を包むと重厚過ぎて合わない場合もあります。場面に合わせて二つか三つの時計を準備しておくのは賢い考え方であり、よりシンプルなものを選ぶことで普段着にすら合わせることも可能です。それでもよく見ると作り込まれていて精錬された機械式時計は多数あります。

ダミアーニはイタリアで西暦1923年に誕生した著名な舞台美術家です。ピッコロテアトロの装置家として演出家のストレーレルの元で活躍しました。

大事に長く使うためには?機械式時計のお手入れ方法

機械式時計ってどんな時計?

機械式時計はゼンマイを動力とした時計です。メーカーにもよりますが、メーカー対応保証の期間が長く、交換用の部品が手に入りやすい、といった特長があるため、適切に使えば数十年動き続ける場合もあります。

とは言うものの、そのためには適切な手入れが必要不可欠です。大切な時計を長く使うために、持ち主がするべきことについて学びましょう。

自分でできる普段のお手入れ

日頃から自分でできるお手入れとしては、使ったあとは汚れを拭き取る、というものがあります。

毎日身につけていると、どうしても汗や皮脂といった汚れが時計に付着してしまうのは避けられません。するべきことは、それを放置しないということです。放置した場合、金属部分では錆、革製のバンドではカビの原因となります。もちろん、バンド部分は交換できますが、本体部分はそうそう交換するわけにもいきません。美しい状態を維持したいのであれば、汚れごときと侮らず、しっかりと対応しましょう。

専門家に任せるオーバーホール

機械式時計を長く使うために必要なもう一つのことは、定期的なオーバーホールです。分解の必要があるこれは、基本的に自分で行うのは不可能なので、時計屋さんにお願いすることになります。

オーバーホールの頻度は三年から五年に一度程度で、この際に磨耗した部品を交換し油を差す、などといったことが行われます。

機械式時計は繊細な構造をしているため、取り落とすなどして衝撃を与えると故障する場合もあります。そのようなときも、オーバーホールをしてもらいましょう。問題箇所を修理してもらえば、再び正常に動作するかもしれません。

パテックフィリップとは、スイスの高級時計メーカーのことを指します。1839年にフランチシェック・チャペックとアントニ・パテックによって創業されました。

カジュアルにも十分使える!オシャレな機械式時計を紹介

クロノグラフは押さえておきたい一品

ファッションを気にする方はトータルコーディネートのバランスを重視するでしょう。意外と困るのが機械式時計の選び方です。

服は簡単にコーディネートできるけれど時計まで入れるとちょっと大変という方は、カジュアルファッションに使える時計を知っておくといいでしょう。

一番に挙げられるカジュアル機械式時計といえばクロノグラフです。飛行機の計器のようなデザインをしているもので、ミリタリー好きには必見といえます。

文字盤には複数の針が搭載され、ストップウォッチとしても使えるすぐれものですよ。アメカジファッションで利用できるだけでなく、紺のスーツやグレーのスーツとも相性が良い商品となっています。

特にメタルブレスのものはカジュアル感が強く、普段使いに適しているでしょう。

お手頃なら日本ブランドもおすすめ

高い時計の多い機械式時計ですが、販売されている商品には日本ブランドの安価なものもありますよ。こちらは日本国内で売っているものと、逆輸入のものがあるのです。

特に逆輸入はデザインが国内のものと違い個性的な外観をしているものが多いといえます。販売価格は機械式時計にもかかわらず一万円くらいから購入できるのです。

初めての機械式時計購入者ならおすすめの商品ですが、既に高級時計を持っている方なら2本めに良いでしょう。値段が安いだけに多少荒っぽい使い方をしても気にする必要がありませんよね。

保証もしっかりしている防水機能もついている、中にはクロノグラフ搭載やカレンダー搭載と至れり尽くせりです。

ウブロはスイスの高級時計メーカーを指します。「異なる素材とアイデアの融合」をコンセプトにしています。