部屋の演出を手助けするブラインドにはどんなものがあるのか

ブラインドの種類と主な効果

窓の内側に取り付けるブラインドは、人の視線や太陽光、風など、外から入ってくるものを遮断する効果があります。一般的に使用されている横型のベネシャンブラインドと縦型のバーチカルブラインドが主な種類となります。ベネシャンブラインドの材質はアルミが主流で、水平に組まれる薄い羽の部分を回転させることで、光や風の調整が可能です。バーチカルブラインドはアルミの他に布など複数の素材があり、垂直に並んだ羽の部分が光及び風の調整部分となります。

ベネシャンブラインドの主な特徴

オフィスなどでよく見かけるブラインドの代表となるベネシャンブラインドには、白以外にも多くのカラーバリエーションがあります。表と裏で異なる色を用意する、羽全体が一つの絵になっているといった、おしゃれさを追求しているものも存在します。羽の長さにより奥行きが設定できるため、取り付け場所の選択肢が増え、窓にふさわしい物を見つけやすいのも利点となります。

バーチカルブラインドの主な特徴

縦部分に羽が設置されているバーチカルブラインドには、アルミ以外にもカーテンと同じ布製が多くあります。羽に涼しい印象をもたせることから、窓を大きくさらに広く見せられる特徴を持ち、羽を直接触ることによる出入口の役割も兼ねています。このため、開放的かつ大きな窓を備えている場所に最適と言えます。

ブラインドと光の関係

ブラインドには太陽の光を遮るといった効果を持っていますが、遮熱効果が高まる一方で、部屋の明るさにも影響します。ブラインドの機能として重要なのが可視光線透過率であり、日当たりが強すぎる部屋には可視光線透過率が低めなど、部屋にあったものを選ぶ必要があります。

オーダーのブラインドを選ぶことで、室内の雰囲気をさらに良くすることができ、直射日光をしっかりとカットすることもできます。